園長のひとりごと

こども園、福祉全般、走ること、食べること、いろいろと。

2021年4月

【様々な手段】
福光・浅利道路の建設が進んでおり、花の村の周辺の風景も少しずつ変わってきています。整備事業のHPでも開通時期は明記されていませんが、2026年、2027年くらいになるのではと勝手に予想しています。今から5、6年後には車の流れが変わり、それに合わせて地域の様子や生活も大きく変わることになるでしょう。少子高齢化以上の変化になるかもしれません。そんな変化の中でも花の村の事業は継続していきます。地域の変化によって福祉ニーズがどのように変わるかを素早くつかみ、素早く対応しなければいけません。そのために今から準備できることは、どんな変化にも対応していける柔軟さを身につけておくことです。「ひとりを大切にする」ための方法は1つではありません。状況が変化して今までのやり方が通用しなくなれば、すぐに違う方法を探って「ひとりを大切にする」を実現していく柔軟さです。「ひとりを大切にする」ことが目的で、今やっていることは手段の1つに過ぎません。常に目的を頭に置き、普段から様々な手段を試していくことは、柔軟さを身につけるコツです。

f:id:meg_ai:20210414161558j:plain

【人権意識】
2021年度の事業計画の中に「常に人権意識をアップデートする」と書きました。全ての人の人権を尊重し尊厳を守ることは、私たちの事業の根っこにあたります。人権の尊重は大原則なので、あえて言う必要もないことです。そんな人権ですが、障害、人種、年齢、性別などの考え方は日々アップデートされています。昨年まで通用していた考え方が今年は通用しないといったことが当たり前のように起きていて、社会全体の人権に対する考え方のアップデートはすごい速さで進んでいます。その速さに個人の人権意識のアップデートが追いつけなくなることは、今後ますます増えてくると思われます。オリパラ組織委員会前会長のように、過去の人権意識のまま発言したことによって大問題になった例は数多くありますが、同じようなことは増えていくでしょう。そんな社会の変化にしっかりと対応していくために、常に人権意識をアップデートするための勉強が私たちには絶対に必要です。そのための取り組みは粘り強くおこなっていきますので、一緒にアップデートし続けていきましょう。

【話すこと】
トヨタ自動車豊田章男社長が2019年に米国バブソン大学の卒業式でスピーチを行い大好評だったと知り、そのときの動画を見ました。その後も時々見ていますが、見るたびに話すこと・伝えることへの意識の高さに驚かされています。推測ですが、かなりの時間をかけて内容を練り、かなりの回数の練習を重ねて臨んでいるはずで、それは話すこと・伝えることがどれだけ難しいかを知っていて、同時にそれがどれだけ大事かを知っているからこその向き合い方だと思っています。私たちは普段から話すこと・伝えることを頻繁に行って他者とやりとりをしていますが、豊田氏のように念入りに内容を吟味し何度も練習を繰り返して…とはいきません。瞬間瞬間で何をどう伝えるかを判断しなければいけないのが日常のやりとりです。ただ、豊田氏のように自分が発信する言葉の選び方や発信の仕方について点検することが、時々はあってもいいのではないかと思います。自分は何を伝えたいのか、どのように伝えたいのか。そんなことを改めて点検する作業が必要なのではないかと考えさせられるスピーチです。英語ですが字幕付きの動画もあるので是非一度観てもらいたいです。ユーモアたっぷりの内容なので、楽しく観ることができると思います。

youtu.be

2021年3月

【ファンベース】
コミュニケーション・ディレクターの佐藤尚之さんが書かれた書籍「ファンベース」を読みました。ファンとは、企業やブランド、商品が大切にしている「価値」を支持している人。ファンベースとは、ファンを大切にし、ファンをベースにして、中長期的に売上や価値を上げていく考え方。ファンは常に少数だけど、その少数のファンにどの企業も支えられている事実を再確認すべきだ、そんなことが書かれていました。
みなさんは「花の村のファンは?」「自分達の事業所のファンは?」と聞かれて、頭に浮かぶ人物がどのくらいいますか?「ひとりを大切にする」という花の村の根っこを理解してくれている人、理解してくれたうえでもっと良くなるようにと真剣に考え指摘や提案をしてくれる人、そんな人がどのくらい頭に浮かんでくるでしょうか?
地域に根ざし、地域に貢献していくことを目指す花の村としては、地域に花の村のファンを作っていくことが欠かせません。「ファンは?」と聞かれて頭に浮かぶ人を増やしていくことが必要です。

【信頼を強くする】
そのためにすべきことはファンの支持をさらに強いものにすることで、それが新たなファンを増やすことにつながると書かれています。具体的なアプローチとして①価値への共感を強くする ②価値への愛着を強くする ③価値の提供元の信頼を強くする の3つが挙げられていて、その中の③に注目してみると、信頼アップのために取り組むべきこととして花の村でもすぐに取りかかれることが2つ書かれていました。

〇まずは「信頼されていない要素」をひとつずつ消していく
〇次に「間違いない」「ちゃんとしている」「変なことをしていない」部分をきちんと見せる

すごく当たり前のことだったので驚いたのですが、ではこれができているかどうか考えると、決して十分ではないと思う人が多いのではないでしょうか。信頼されていない要素がないかを確認していくのは簡単ではありません。目を背けたい、できれば隠していたい部分にあえて目を向ける作業なので、大変さが容易に想像できます。ですが、まずはそこからやっていきましょう。そして次のちゃんとやっていることをきちんと見せること、これもまだまだできていません。謙虚になりすぎるのではなく、できていることはできているとしっかり発信していきましょう。HP、SNS、ハナハナ新聞などなど、発信する媒体はたくさんあります。それらをうまく活用して信頼される事業所になるための基礎を作り、花の村が大切にしている価値を理解してくれるファンを増やすことにつなげていきましょう。

【自立】
東日本大震災後すぐに石巻に入り、プロジェクト結という団体を作って子どもたちのサポートを行ってきた方々と縁があり、今でもつき合いが続いています。この方々の活動や考えから多くのことを学ばせてもらっています。今から5年前の2016年、この団体の理事長が「年頭の言葉」にこんなことを書いていました。

2016年、震災から5年が経つ今年のキーワードは、「自立」です。

どうなることが自立なのか、その内容や程度は人によっても状況によっても違いますが、どんな支援であっても対象の自立を目指すことが目的であるはずです。そしてどんな助けを求めれば満足できる環境を作れるか、求められたことにどう応えていけば満足できる環境作りが進んでいくか、そこに関わる人全てが体験を通して見つけていくのが支援ではないかと考えています。震災から5年後に「自立」を目指すことを再確認し、そこから5年経った今、この団体がおこなってきた支援の結果がどうなったかは確認できないので想像するしかありません。ですが私の想像では、10年間の支援が多くの自立につながっているだろうと思っています。

【お手伝い】
私たちの事業理念は「人生を全うするお手伝い」「人生の基礎づくりのお手伝い」「人生の一歩を踏み出すお手伝い」です。これらは全て、利用者一人ひとり、子ども一人ひとりの自立を目的とした支援です。それぞれの人生に対する思いを大切にし、その人生がその人にとってより良いものとなるよう支援する。みなさんも事業理念の意味をそのように理解してくれていると思っています。支援が必要なときには遠慮なく声を掛けてもらえるよう信頼をより強いものにし、私たちの様々な事業のネットワークを活用していつでも支援ができるようにする。その関係を作っていくことで利用者一人ひとり、子ども一人ひとりの自立が進み、私たちも個々の自立に対する理解を深めていく。そんなサイクルを作っていきましょう。

 

【小さなヒント017】子どもに思いやりを教えるために、毎日親が出来ることは何か?

(2016/03/17に書いたもの)

今回の質問は「思いやりを教えるために、毎日親ができることは何か?」です。

f:id:meg_ai:20210212113701j:plain

この質問に対する直接の答えにはならないかもしれませんが、他者の気持ちを考えること・感じること、つまり共感については非常に関心を持っています。他人 と関わる上で欠かすことのできない共感ですが、この力を子どもたちはいつ頃獲得するんだろうか?かなり小さい頃から?もしかすると生まれつき持っている? など、疑問を持って子どもたちを見ています。そこである実験を教わったので試してみることにしました。

ある実験とは「大人がケガをしている手でタッチを求めたら、子どもはどんな反応を示すのか?」というものです。この実験には手順があって、まず片方の手をケガをする演技から始め、応急処置(絆創膏を貼る)ところまでの演技も見せます。その後、「子どもたちに両手でタッチを求めるとどのような反応を示すか」を調べます。絆創膏を貼っているのはケガをしたからだということをイメージできるようにすることがポイントです。さて子どもたちの前に両手を差し出したとき、ケガをした手に対してどのような反応を示したと思いますか?

この時は急に思い立って実験を行ったため子どもが揃っておらず、今回の結果は参考にならないかもしれませんが、

  • 「優しくタッチしてくれた」 7人(1歳児5人、2歳児2人)
  • 「ケガをしていない手のみにタッチ」 1人(0歳児)
  • 「じっと手を見てタッチしなかった」 1人(0歳児)

という結果でした。

優しくタッチしてくれた子は、手を見て痛そうな表情をしてタッチしかけた手を一度止め、その後優しくタッチというのがほとんどでした。実験をした子は少ないですが、おそらく全園児に実験しても同じような反応を示すがほとんどだろうと想像しています。このようなケガをした人を気遣う姿は、例えば痛そうにしていると同じように痛そうにしたり、優しくさすってくれたりといった姿を家庭でも見ることはあるんじゃないでしょうか。こうした姿は明らかに他人の気持ちを理解するところから来るもので、まさに共感の力です。0歳児もこのような姿を見せるということは、共感する力はかなり小さい頃から、もしかすると生まれたときから持っているのかもしれません。

だとすると保育者はこの共感する力をさらに育んでいくためには何をすればいいか。私はとにかく多様な他者と関わる場を設けてあげることだと考えています。いろんな相手のいろんな感情と向き合うことで、様々な感情に共感する力を育んでいくはずです。共感すること、他者の気持ちを考えること、他者を思いやることを、様々な関わりの中でたくさん経験させてあげたいですね。

f:id:meg_ai:20210212113717j:plain

 

tell a lot about a person by what's on their playlist

映画「はじまりのうた」の中にこんなやりとりのシーンがある。

 

Dan:What kind of music you got on your phone?(携帯にどんな曲が入ってる?)

Gretta:I'm not giving you access to my music library. I'm really not. There's a lot of embarrassing, very guilty pleasures in there.(リストは絶対に見せないわ。恥ずかしい曲も入ってるの。)

Dan:Mine, too. You can tell a lot about a person by what's on their playlist.(俺もそうだ。プレイリストで性格が分かる。)

Gretta:I know you can. That's what's worrying me.(だから不安なのよ。)

Dan:So are we gonna do this?(見せ合うか?)

Gretta:OK. OK, let's do it.(いいわ。じゃあ見せ合う。)

 

THE BOOMの「都市バス」の中にはこんな歌詞が。

 

人恋しい日はバスに乗り 古本屋の前で下車

他人の心のぞきたくて 涙でしわになったページさがす

 

どんな音楽が好きで、その音楽のどの部分が好きで。
どんな本が好きで、その本のどの部分が好きで。
そんなところにその人の心が表れている。

この感覚は大事にしていたいと思う。

 


もう1つ、「はじまりのうた」の1シーン。

 

Dan:That's what I love about music.(音楽の魔法だ。)

Gretta:What?(何?)

Dan:One of the most banal scenes is suddenly invested with so much meaning, you know? All these banalities, they're suddenly turned into these...these beautiful, effervescent pearls. From music.(平凡な風景が意味のあるものに変わる。陳腐でつまらない景色が美しく光り輝く真珠になる。音楽でね。)

 

音楽は普段見ているもの、体験していることの意味を変えてくれる。

この感覚も大事にしていたいと思う。

 


話は変わって、久しぶりにすごい人に出会ってしまった。

 

www.youtube.com

 

音楽を楽しんでいるのがにじみ出ていて、
それがものすごく高いレベルで、衝撃を受けた。
この才能はすごい。
いつのことになるか分からないけど、
ライブでこの才能を思い切り浴びてみたい。

【小さなヒント016】子どもとテクノロジーの関わり方について②

(2016/03/03に書いたもの)

前回は時間を決めて関わる分には大きな影響はないという研究結果から、うまくつき合っていく方法を探していくのがいいのではないかということを書きました。今回はそれとは少し視点を変えて、「テクノロジーの進化」と「待つ」ことの関係について、気になっていることを書きます。

f:id:meg_ai:20210212112114j:plain

テクノロジーの進化によって、私たちの生活の中で「待つ」ことがずいぶん少なくなってきました。できるだけ短時間で、できるだけ手間をかけずにということが進化の方向であったため、これは当然の結果です。様々なものが時間短縮され、無駄が少なくなりました。例えば誰かに要件を伝えたいとき、携帯電話の普及によってすぐに相手に電話で伝えることができるようになりました。留守だったから伝えられなかったということはほとんどありません。また手紙で何日かかけて届けていたものも今はメール等で瞬時に届けられます。毎日の生活でも同じです。例えば食べることでは、調理器具の進歩によって食事の用意も早くできるようになりました。水耕栽培のキットを最近見たんですが、どこでも簡単に育てられるだけでなく、栽培期間も短縮できるようです。移動についても同じ。飛行機や新幹線などもどんどん増えていて、以前は行くだけで1日が終わっていたような場所でも数時間で行けるようにもなりました。

やりたいことがすぐにできる、しかも短時間でできるようになったのが、今の私たちの生活です。そのおかげで思ったことがすぐに実現されない状態、つまり待つことが少なくなりました。「待つ」は解消されて当然のこととなり、私たちは待たされることに対してあまり寛容ではなくなってきているのが現状だと思います。

このことは子育てにも影響を与えていると感じていて、例えば子どもを待たせることを避ける傾向もみられます。食事の際、子どもを待たせてはいけないということで準備ができた順に食事をしたり、ある人数がそろい次第食事を始めることも増えているようです。このように子どもから待つ機会を奪ってしまっていいのでしょうか?待つことで身に付く情動をコントロールする力、衝動を我慢する力は人間にとって大事な力です。我慢する力は対人能力の基礎となりますし、様々な困難さに向き合う力にもつながっていきます。待つことが少なくなった現実を考え、私たちの保育園では意識的に「待つ」場面を多く作っています。食事のときも全員が揃うまで待って食べるようにしています。

でもこの待つことが単なるお預けになってしまっては意味がなく、待つことの先に楽しさを感じられることが大事です。待つことでみんなと一緒に楽しく食事ができる、待つ先には楽しい遊びがあるといった風に先を示してあげると、子どもはちゃんと待つことができます。待つ時間を時計を使って具体的に示すことも有効です。

テクノロジーの進化によって便利になった今だからこそ「待つことを子どもたちにどう体験させるか」は、私たち大人が考えなければいけない大きな課題です。生活の中に「待つ」場面がどのくらいあるか、その場面の先には楽しみが待っているかといったことを、一度ゆっくり確認してみることをおすすめします。

【小さなヒント015】子どもとテクノロジーの関わり方について

(2016/02/18に書いたもの)

今回の質問は「子どもとテクノロジーの関わり方について」です。テレビやiPad、コンピューターに触れることが増えてきている今の子どもたち。どうつき合っていくべきなのか、使うことは悪いことなのか。悩んでしまいますね。

f:id:meg_ai:20210212111626j:plain

テクノロジーの進化によって私たちの生活は大きく変わってきました。そのことの良し悪しは別として、今後もテクノロジーを無視して生活していくことは難しく、あらゆる場所でうまくつき合っていく必要があります。もちろん子どもも無関係ではありません。むしろ今後のことを考えると、大人よりも子どもの方が関わりは深くなっていくでしょう。だからこそ子どもたちは将来に向けて関わり方や使い方を学んでいく必要があると思います。

さて関わり方についてですが、こうすればいいですよといった具体的なアドバイスは特に持っていません。ただ、今わかっていることから考えて、「こんな風に考えたらいいのではないか」ということはあります。例えばテレビやゲームについて、それらを使うことで子どもに悪影響があるのかどうかを調べた研究があります。その研究によると、「テレビやゲーム『そのもの』が子どもたちにもたらす負の因果効果は私たちが考えているほどには大きくはない」と結論づけています。(ただし関わる時間が無制限であっても問題ないというわけではなく、使用時間が長時間になれば発達や学習への悪影響が大きくなるという研究もあるので、時間については注意が必要です。テレビやゲームの内容によっても違いがあるそうです。)

この結果は安心させられますね。家のことや仕事をしなければならず、ちょっとテレビを観ていてくれたら助かるのに…と思うケースは少なくないでしょう。何となく罪悪感を感じ、子どもの相手をしながら他のこともやってイライラしてしまった…という経験もあるんじゃないでしょうか。テレビやゲームの悪影響は小さいとなると、例えばテレビは1時間だけと決めて、その時間はお互いのことに集中できた方が後の時間が有意義になると思います。お互いに気持ちよく向き合うために、上手に活用していく方法を探していきたいですね。そしてその情報、「こうやったらお互いにストレスを感じずにいい時間を過ごすことができたよ」といったことを共有できると、さらに楽な気持ちでつき合えるようになりそうです。

※テレビやゲームの研究は「『学力』の経済学」という本で紹介されていました。

【小さなヒント014】保育園でどのくらいの時間を過ごすのが子どもにとっていいの?

(2015/12/16に書いたもの)

保育園を利用している方の家庭の状況や就労状況は様々です。なので、それに合わせて保育園で生活する時間の長さも子どもによって様々なのが現状です。朝早くから夜遅くまで保育園で過ごしている子もいれば、朝はゆっくり登園し夕方も割と早い時間に降園する子もいたり、といった感じで。子どもたちのそのような様子を知って、「家庭で過ごす時間が短くて保育園で過ごす時間の長い子はかわいそうですね」と外部の方から言われることがあります。確かに小さい子ほど長時間(10〜11時間の場合も)保育園で過ごすことは大変なことかもしれません。でもこれって仕方のないことですよね。どの親もそのことは分かっていて、だからこそ悩みながら子育てと仕事に向き合っているわけで、周りが簡単に言えることではないと思います。また、保育園はどの時間も子どもが安心して自分のしたいことに熱中できる環境です。一緒に遊ぶ友だちもたくさんいます。長時間保育園にいるということは、遊びや関わりを深める時間がたくさんあるとも言えるかもしれません。反対に家庭で過ごす時間が長い子でも例えば1人でテレビを観ている時間が多いとしたら、どちらがいいのかなんてわかりませんよね。

個々が置かれている状況は様々です。そしてその多くは簡単には変えられないことだったりします。だとすると、他人と比べてどちらがいいのか?みたいなことはあまり意味がないことだと思います。そんなことよりも、保育園での生活時間が長い子も短い子も、その条件の中でやっていくのが自分の家庭のあり方なんだと学んでいくことが大切なんじゃないかと、子どもたちを見ながら考えています。そのためにも、自分の置かれた状況で子どものために何ができるかを考え、できることを1つずつ行動していく姿勢を子どもに見せ続けることが親の大切な役割なんじゃないでしょうか。

f:id:meg_ai:20210212111011j:plain

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」と誰かが書いていましたが、これはごく当たり前のことですよね。幸せかどうかは個々の捉え方次第。子どもと一緒にその家庭の幸せ観を作っていくことが大切なんだろうと思っています。そして、子育ては親だけで行うものではありません。兄弟やおじいちゃんおばあちゃん、友人、近所の人、そして保育園のような施設など、たくさんの人と協力して社会全体で行っていくのが人類の子育ての特徴です。協力してもらうことでカバーできることは多いですし、それが子どもにとって自然な環境だと考えると、今回の質問に対する自分なりの答えが見えてくるじゃないでしょうか。