園長のひとりごと

こども園、福祉全般、走ること、食べること、いろいろと。

2021年9月

【条件が整ってから?】
『すべてのいい条件が整ってから、スタートが切れるなんてことは、ほぼないと思っていい。なにも片付いた部屋で、腹が減ったときの準備もできてて、他の仕事はぜんぶ済んでいて、だれも邪魔しに来ないし、睡眠も足りていて、仕事の資料や道具も揃っている…って、そんな状態はあるわけがないのに、それを願ったりする。あなたもそうだろうし、わたしもそうだ。』

株式会社ほぼ日の社長である糸井重里さんが会社のホームページに書いておられた言葉です。そうやって条件が整っていないことを理由に動き出さなかったことがたくさんあったなあと、読みながら過去のことを思い出しました。過去どころか今でもそんなことがたくさんあります。少しでも早く前に進み始めた方がいいのに、分かっていながら立ち止まってしまうのは怖いと思ってしまうからです。動き出したときの大変さを想像すると、そのうち条件が整うはずだから待っていようと、起こるはずのないことを期待して立ち止まってしまっていました。もったいないことですよね。

新型コロナウイルス感染症対策の先が未だに見えてこず、動くことの難しい状況が続いています。動きやすい条件が整うのはまだまだ先になりそうです。そんな中ではあるけど、気をつけるべきことを気をつけた上で、1つでもできることを始めなければと思っています。条件が整わなければ整わないなりのやり方はあります。たとえ不本意でも、たとえうまくいかなくても、条件が整うのを待つのではなく、できることを始めていく姿勢が大切です。

【ハレとケ】
先日グループホームさと・やかた合同の夕涼み会が行われました。20人以上の人が集まって何かを楽しんでいる光景を見る機会が極端に減っているので新鮮な感じがしましたし、それを見ていて気持ちがリセットされるような感覚もありました。

「ハレとケ」という言葉があります。年中行事や祭りなどの非日常が「ハレ」で、普段の生活である日常が「ケ」です。このハレとケがうまく混ざり合っている状態にすることが生活を張りのあるものにするコツです。ハレの日を楽しむための工夫は、ケの日を楽しむことにつながります。各事業所では、いろいろと制限がかかる中でも工夫して行事を行ってもらっていることを聞いています。利用者のみなさんや子どもたちのケの時間を豊かにするために、引き続きハレの活動も大切にしてください。

ブランディング会議】
ブランディング会議を始めました。参加してもらっている6名の職員が花の村の強みや特徴を明らかにするために、積極的に意見を出してくれています。ここで出てきた強みや特徴を、今度は管理者を中心に具体的な事業や広報に反映させていく方法を考えていく予定です。強みや特徴を生かした「花の村でしか提供できない介護・保育・児童クラブの形」はどんなもので、どんな言葉を使い、どんな活動をすればうまく表現できるんでしょうか。どうすれば地域の人たちに「花の村らしさ」を知ってもらえるんでしょうか。みなさんも考えてみてください。

 

朝晩が涼しくなってきました。元気な人でも体調を崩しがちな季節です。感染症対策と合わせて体調管理にも気を配っていきましょう。

28/40『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

40冊チャレンジの28冊目は『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴)。坪田さんの話を聞いておもしろかったので読んでみることに。

f:id:meg_ai:20210822213712j:plain

坪田さんの考え方には賛同するし、こんな教育者が増えることは期待するけど、学校教育に坪田さんのような人が増えることは期待しない。もちろん増えた方がいいとは思っているけど、そうならないのはよく分かってるつもり。だから期待するのは坪田さんのような方が学校以外に増えて、そこへアクセスしやすい環境になること。学校以外の選択肢が増え自分に合った学習方法や学習環境を選べるようになると、楽になる子、学習を楽しめる子は増えると思う。この本は坪田さんの考え方というよりさやかちゃんのストーリーが主だったので、坪田さんの考え方はもっと深く学びたいと思った。

 

本があまりにもおもしろかったため『映画 ビリギャル』も観ることに。

f:id:meg_ai:20210822213746j:plain

ストーリーは若干違うけど、有村架純さんと吉田羊さんの演技にハマってしまった。本も映画ももっと早く出会っておきたかった。

27/40『無印良品の、人の育て方』

40冊チャレンジの27冊目は『無印良品の、人の育て方』(松井忠三)。無印良品の姿勢、松井さんの考え方がおもしろく、続けて無印良品の本を読んだ。

f:id:meg_ai:20210819214055j:plain

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい』『無印良品PDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!』に続いてこれが無印良品の3冊目。仕組み、PDCA、人の育て方とテーマはそれぞれ違うけど、考え方はどれも共通している。どんな仕組みを作るか、どんな仕事の回し方をするか、どうやって人を育てていくかは、その会社の理念に沿っているはずだし、だから本の内容に共通した部分が多いのは当たり前なんだけど、それができていない、もしくはそこまで至っていないところは多い思われる。それは自分達も含めてのこと。細かな方法も大事だけど、理念や目的が明確になっているか、それが具体的な方法にまで落とし込まれているか、そしてそれを全員がどこまで深く理解しているかの方が大事。

26/40『もしも一年後、この世にいないとしたら。』

40冊チャレンジの26冊目は『もしも一年後、この世にいないとしたら。』(清水研)。がん専門の精神科医である著者が3000人以上の患者さんやその家族と対話し、そこから学んだことについて書かれている本。この本の前に読んだ『死にゆく人の心に寄りそう』に共感し、それに引っ張られて読んでみた。

f:id:meg_ai:20210815224910j:plain

死を意識することがどのような意味を持つのか、どれだけ大切なことかを、がん患者の体験から考えることができる。今の自分にとってこのことが大きなテーマになっているんだろうな、だからこの本を読むことになったんだろうなと確認することもできた。自分の死を強烈に意識することで、「今」の認識が大きく変わるという内容。そして認識が変わり、考え方が変わるためには時間とプロセスが必要だという内容。まだ自分の死を意識していないときにこそ読むべき本だと思った。

25/40『死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア』

40冊チャレンジの25冊目は『死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア』(玉置妙憂)。臨床宗教師について知りたくてこの本を選択。玉置妙憂さんは看護師であり、看護教員であり、ケアマネージャーであり、僧侶でもある人。様々な立場で見てきたこと、考えてきたことについてわかりやすく書かれている。

f:id:meg_ai:20210813221944j:plain

終末期の人が死に向かう際に辿る過程、その過程を知っておくことで死の迎え方の選択肢が増えること、医師と僧侶の目指すところの違いから来る役割分担など、知りたかったことを学べた。今はまだ活動がしやすい環境とは思えないけど、臨床宗教師は今後求められることが増えてくるはず。この分野についてもっと学んでおきたい。玉置妙憂さんのお話も聞いてみたい。

2021年8月

【花を使ったイメージ作り】

花の笑顔が咲き 花の言葉を聴く 福祉のある暮らし。 

これは花の村のパンフレットの表紙に書かれている言葉です。様々な個性を持った利用者、子ども、そして職員を「花」に喩えたものです。もちろん花の村の「花」からきています。「笑顔」と「聴く」ことで地域の暮らしをより良くしていきます、福祉の力で暮らしを支えていきますというメッセージです。

花の村のことを「花」を使って表現してはどうかと提案してくれたのは、ハナハナ新聞をデザインしてくれているD52のSさんです。外部の人からすると、花の村の名前を聞いて実際の花をイメージする人は少なくないようです。「花がたくさん咲いているんですか?」と聞かれたことは何度もあります。イメージ作り、ブランド作りは社会福祉法人においても大切で、花の村から「花」を連想されるケースがあることを考えると、花があるイメージを作っていくのもいいかもしれません。

花と言えば植物ですが、植物は同じ種類でも芽を出すタイミングはタネによって様々です。一斉に芽を出していると災害があったときに全滅してしまうので、暖かさなど生育に必要な条件が整ってもなかなか芽を出さないのんびり屋もいるようです。

早く動き出すタネ、のんびり構えているタネなど、自分たちの子孫を残すためにいろんな個性を備えていて、そのことで花は自然を豊かに彩りながら見事に生きています。利用者、子ども、職員それぞれの個性を活かしながら互いの生活を豊かなものにしていこうとしているのが花の村なので、花を使ったイメージ作りはかなりしっくりくる気がします。どんな具体的なイメージがいいのか、のんびり考えてみます。

【環境に対する気づき】
9号線沿いの看板下の草が伸びていると気づいた職員から環境整備委員会のメンバーに連絡があったと聞きました。私たちが活動している地域の環境に対して関心を高く持ってくれている人がいること、環境整備委員会なら解決してくれると認知されていることをうれしく思いました。

環境の変化に気づくのは大切なことです。でも気づいたとしても「まあいいか、そのうち誰かがやってくれるだろうし…」と誰にも伝えずにいることはよくありますよね。私も何度も経験しています。それが今回はわざわざ環境整備委員会に連絡してくれました。

そしてこの連絡は、環境整備委員会のメンバーによるこれまでの活動の成果があったからこその連絡だったはずです。「あの委員会に伝えれば動いてくれるはず」という信頼があったからこそだと考えています。

「あれ?」と思った気づきをそのままにせず声に出してくれる人がいて、動いてくれると信頼されている委員会があるのは、とてもありがたいことです。今回も看板下をきれいな状態にしてもらいました。今後も環境のことに関心を持ってもらい、環境整備委員会に計画を立ててもらい、みんなで協力して整備に動けるようにしましょう。

【行動したら検証を】
オリンピックが終わりました。次は24日から始まるパラリンピックです。1年の延期に加えてコロナ禍での開催ということで、関係者は大変な思いをされていることでしょう。賛否様々な意見がある大会ですが、それは置いといて、選手の活躍もここでは置いといて、全て終わった後にどんな振り返り・検証が行われるのかに注目しています。

どんな仕事も行動と検証はセットであるべきです。検証が行われるからこそ改善ができますし、次の計画や行動がより良いものになっていきます。同じ失敗を繰り返さないためにも、少しでも効率を上げていくためにも、検証は大切です。ひやりハットの記入も検証と改善を進める大切なツールですよね。

検証の際、嫌なことにも目を向けなければいけないときもあります。それを避けて形だけの検証で済ませてしまえば、改善にはつながらないですし、同じ失敗を繰り返すことにもなりかねません。失敗は仕方ないこと、でも検証せずに同じことを繰り返すのは避けなければいけません。私たちは引き続き「行動したら検証する」を行っていきましょう。さて、オリンピック・パラリンピック後にはどのような検証が行われるでしょうか。

【体調管理】
暑さの厳しい日はもう少し続きそうだと思っていたら、不安定な天気が続きそうとの予報も出ています。体調管理が難しい気候ですが、仕事や生活を楽しむためにもみんなで声をかけ合って体調を維持していきましょう。